事業紹介

 CREATIVE FIELD 建築塗装の可能性は無限大です

 

 

 

 

 

 

 

 

 


デコラティブ・ペインティング
さまざまに空間を彩る表現技法

塗装には、スポンジやコーム、ステンシルなどのツールを用いて、質感を変えたり、パターンを描いたりしながら、塗面に微妙なニュアンスを与える方法があります。これらの技法を組み合わせると、木目や大理石などのマテリアルを模したフォーブィニッシュや、窓の向こうの風景や床に置かれたものを描くトロンプロイユ(だまし絵)など、絵画やアートの世界にも通じるデコラティブ・ペインティングが可能になるのです。絵画やアートの世界にも通じる技法の数々を駆使して、三木塗装店はご要望にお応えしています。

空間を演出する際に、壁面や天井、床などは全体の雰囲気を左右する重要なポイントになります。
塗装技術、塗装材料の多様性とともに、その重要性が改めて見直されてし、ます。

ハイテク・ペインティング
時代ととも進化する機能性塗装

塗装はビジュアル面で快適な空間づくりをするばかりではありません。機能性塗装と呼ばれ、物理的メリットのある塗装技術が新たな注目を呼んでいます。高層建築に欠かせない防火性・耐火性機能、トイレや浴室などの壁に利用する脱臭・芳香機能、窓ガラスに塗装する紫外線カット機能、OA機器の誤動作を防止する電磁波シールド機能、レントゲン設備の放射線の散乱を防止する放射線防御機能など・・・。三木塗装店のハイテク・ペインティングは、塗装技術と一体化、相互に連動することによりあらゆる二一ズにお応えしています。
 

 

塗装の世界は進化を続けます。
表現技法や素材の多様化が、
未知の空間を創出し、
新しいライフスタイルをも提案します。


ATCアジア太平洋トレードセンター



 ミューラル(壁面)
塗装による壁面の美粧表現のうち、最もアーティスティックな仕上げのひとつ。 



トロンブロイユ(だまし絵)
好奇心をくすぐる絶妙のトリックで、
壁に個性的な世界を演出。


フォーフィニッシュ(疑似仕上げ)
木目や大理石などのマテリアルを模した仕上げ。
塗装によってのみ可能な表現。



 コーミング
乾燥前の塗面をクシや工具でぬぐいとり、
意匠を創り出す技法。

 


ステンシリング
型紙を切ってマスキングし、硬い毛のブラシなどで
叩いて色を乗せ、パターンを作る技法。
 

 おかげさまで一世紀。MIKI-Tosouten Co.,LTD. Since1909